『業界のセオリー』

Posted 9月 30th, 2011 by arisakitty

今回紹介するのは、業界のセオリーについての本です。

この本を知ったキッカケは、上司が三分スピーチで紹介した事です。
私はセオリ-という言葉の意味もよくわからなかったのですが、説明を聞いてすごく興味を持つことが出来たので、是非勉強したいと思ってこの本を読みました。

この本のタイトルは題名通りで、著者は鹿島 宏という方で、徳間書店から出版されている本です。
各業界の様々なセオリーについて書かれているのですが私たちの生活や仕事にも活かせそうな事がたくさん書かれています。
この本は、

  1. 「なにがなんでも数字が欲しいとき」に効くセオリー
  2. 「急いで売り上げを上げたいとき」に効くセオリー
  3. 「思うように結果が出ないとき」に効くセオリー
  4. 「仕事で失敗したくないとき」に効くセオリー
  5. 「どうしてもアイデアが浮かばないとき」に効くセオリー
  6. 「予算がないとき」に効くセオリー
  7. 「顧客の気持ちをつかみたいとき」に効くセオリー
  8. 「人間関係に疲れたとき」に効くセオリー
  9. 「揺るぎない自信を持ちたいとき」に効くセオリー
  10. 「プロフェッショナルになりたいとき」に効くセオリー

の10章にわかれています。

この本を読んでの感想は、たくさんの業界のセオリーが書かれているのにすごく読みやすかったという事です。
それぞれ章ごとに分かれていてその中でもさらにわかれているのですが、すべてが読みきりなので簡単にスラスラと読み進める事が出来ました。
その中で私がいいなと思ったセオリーをいくつか紹介したいと思います。

  • 練習は本番のように。本番は練習のように。(サッカー選手)
    思うように結果が出ないときに効くセオリー
    →緊張感を持って何かをする習慣を身につけることで、強じんな集中力を得ることが出来るそうです。
  • 服にかけた金は、あとから返ってくる。(ホステス)
    揺るぎない自信を持ちたいときに効くセオリー
  • 準備のないところに、チャンスはこない。(舞台俳優)
    プロフェッショナルになりたいときに効くセオリー
    常に準備をしておかないといざチャンス到来という時でもチャンスを掴めませんよということです。

この他にも多数のセオリーが書かれていますが、続きは自分の目で見てからということで!

この本は就職している方に読んでもらいたい本だと思います。
色々な業界のセオリーですが、自分たちの仕事にもいかせることがたくさん書かれているので良い勉強になると思います。

9月15日 業務内容

Posted 9月 15th, 2011 by arisakitty

□講習介担当者さんに電話
今日の午前に電話をかけたのですが初めて上司の人に付き添ってもらわずに、かけました。
日程と人数を確認するだけの電話だったのですが、すごく緊張しました。
電話のお相手の方にフォローしてもらう感じだったので、 もう少し文章の構成等について考えながら言わないといけないなと思いました。
でも先輩には、初めてにして良かったんじゃないと言ってもらえたので良かったです。

□iPadの勉強
この前ダウンロードしたカメラの使い方を勉強しました。
プロフェッショナルカメラについて勉強したのですが、なぜだか画質が悪いです。
なぜ?と思い考えていたら、iPadは60万画素で割と低いほうだからではないのかなという風に考えることが出来ました。
でも昨日家で撮ったときに、光が強い所で撮ると肌が綺麗に写って画素数が低くても撮れることに気がついたので、色々な明かりの所で撮ってみてどういう所が一番きれいに撮れるかを研究してみたいです。

□EXCELの勉強
まとめる作業をしました。
自分で書きながら復習することで頭に入ってくる気がしていい感じです。
関数のそれぞれの使い方について書くのに予想以上に苦戦していて、最初から画用紙に書くことができないので若干もどかしさも感じたりするのですが見せることを最終目標に勝手にしているので綺麗に書くためにも手間を掛けるのはいいことなのかなと思います。

9月13日 業務内容

Posted 9月 13th, 2011 by arisakitty

□企画の事(電話)
昨日電話するはずだったのですが、私が忘れてしまってかけていなかったので今朝かけました。
すると、担当者の方が出張でいらっしゃらなくて今日明日帰ってこないとの事だったので、結果予定がずれ込む形になってしまいました。
こうなったのも、私が忘れていたために起こってしまったので、反省しなければいけないなと思いました。
あとは、まだ自分から電話を掛けるのに慣れていなくて言葉がうまく出てこなかったりするので再度数日後にかけ直す時に、少しでも挽回できるように頑張ろうと思います。
今後忘れないように、目のつく所に予定を貼ったり、カレンダーに随時記入したりして忘れない工夫を徹底的にしていきたいです。

□iPadアプリ検索・ダウンロード
なにか面白そうなアプリがないかなと検索していたら昨日に引き続き見つけてしまいました。
今日見つけたのは、

  • Nippon Television Network Corporation 3分クッキング(無料)
    このアプリは『キューピー3分クッキング』で紹介されるレシピを見れる無料のアプリです。
    放送が進むにつれてレシピも増えていくので、レシピを考えるのに苦労しなくなると思います。
    私は料理が苦手なので、このアプリで練習しようかなと思います。
  • MAGNOLIA ITリバーシHD (無料)
    気軽にできるリバーシのアプリです。
    私は負けず嫌いで勝つまでやり続けてしまうのですが、 普通に気軽に出来るのでアプリとして入れておくべきものだと思います。
    ちなみにコンピュータのレベルは3段階に調節可能です。
  • Pascul Inc. マイドックマイルーム HD 無料版(無料)
    癒し系アプリです。
    自分で犬に名前をつけて育成できるゲームです。
    犬の種類は選べないのですが、 ミニチュアダックスフンドがものすごく可愛いです!
    このアプリでは犬を飼う背景を変えることが出来るので、写真でお気に入りの風景を撮って設定するとそこに犬と一緒にいる感覚を味わえることまちがいなしです。
  • Skyworks World Cup Table Tennis HD-3Dの熱中してしまうクラシックなゲーム (無料)
    Table Tennis=つまり卓球です。
    ゲームで各国と対戦することが出来ます。
    実際に本当に卓球をしているような感じはまったく無いのですが、一回やるとなかなか面白いかもと思えるアプリです。
    ちなみに私は以前卓球をしていたことがあるので最初は物足りなさを感じましたが、しばらくして地味にハマりました(笑)
  • Cardinal Blue Pic collage 写真コラージュ
    このアプリは、簡単に面白い方法で自分の写真コラージュを作ることができ、EメールやFacebookを使って家族やお友達と一緒に楽しめます。
    色々な国で60万回ダウンロードされました。
    私は実際に使ってみたのですが、本当に簡単で面白いです。手持ちの写真が多ければ多いほど楽しめるアプリなので、もっと画像を増やしていっぱいコラージュしてみたいなと思いました。画像は携帯からもfacebookのアルバム、その場で撮っても使えるのでいいなと思いました。

です。
ちなみに私がいまハマっているアプリは『スマーフ ビレッジ』という育成ゲームです。
自分でレイアウトを考えたりミニゲームをしたりするのが本当に癒されます。
スマーフを知っている方はとても気に入るアプリだと思います。

□EXCELの勉強
今日は昨日勉強したことを忘れないように復習しました。そして、パソコンと向い合って勉強するのもいいのですが自分の言葉でまとめたらもっと理解度が上がるのではないかと考えたので 、急遽まとめることにしました。
何にまとめようか少し悩んだ末に決めたのが、画用紙です。
無難にノートにまとめることも考えたのですが、絵等もおりまぜて書いていきたいなという気持ちがあったのであえて画用紙にしてみました。
出来上がりが少し不安ですが、自分の満足できるものが作れるようにしたいです。
自分の言葉でまとめるのは思ってた以上に難しくて、やっぱりやめようかなと正直思ってしまったのですが、諦めたくないという気持ちがあるので継続することにしました。
まとめるのには結構な時間がかかりそうですが、まとめ終わったら事務所の方々に見てもらおうと一人で計画中なので頑張りたいです。

9月12日 業務内容

Posted 9月 12th, 2011 by arisakitty

□iPadアプリ検索
講習などで使えるアプリがないかなと探していたら、無料なのに色々面白そうなアプリを発見できたので紹介したいと思います。

  • handy mirror 無料
    自分撮り用のシンプルなカメラアプリ。
    とても素早く簡単に外見をチェックして、写真を撮りフィルターをかけてから、保存したりメールしたりできます。
    (手鏡の代りとしても使いやすいです)
    写真を撮って加工も出来るので、とても良いと思います。
  • プロフェッショナルカメラ for iPad 無料
    世界中で1,000,000人以上のユーザーが利用しているカメラアプリ。
    『プロフェッショナルカメラ』というだけ細かく設定できる点がいい!
    設定表示は英語ですが、そんなに苦労しないで覚えられると思います。
  • 楽画cute 無料
    カメラで撮った写真をプリ風の落書きで楽しめるアプリ。
    基本機能は、ペン、スタンプ、コロコロ、ワンタッチ落書き、明るさ調整など。
    メール送信も出来て、myプリ手帳(無料)と連動することも出来ます。
    有料版は350円ですが、使えるペンの種類やスタンプなどの種類が豊富になるみたいです。
  • レトロカメラ FREE  無料
    無料のカメラのアプリです。
    このアプリは加工の種類が多く、レビューを見てもほとんどの方が満足しています。
    レトロな風合いの写真を創りだす事が出来るというだけで私にはすごく嬉しい事なので、いまものすごく使ってみたいアプリの一つかもしれないです。
    インストールすることができて使うことが出来たら感想を載せてみたいと思います。
  • 誕生日花個紋占い lite 無料
    一言でいうと占いです。
    その前に花個紋とは何だ?と思っている方がいるかもしれないので説明を簡単にしようと思います。
    花個紋とは、四季折々に咲く366種類の花を紋という形にした、その日のためのシンボルのことです。
    このアプリは誕生日からその人がどんな人かを診断し、その人の花個紋を見ることが出来ます。
    ちなみ悪いことは書いていないみたいなので、ショックを受ける必要は一切無いです!
    twitterにも繋がっていて、結果をつぶやいたり出来るみたいなので、こちらも使ってみたいアプリです。

□EXCELの勉強
今日は、

  • AVERAGE関数(平均計算)
  • RANK関数(順位をつける)
  • IF関数(条件判定)
  • TODAY関数(日付入力)
  • LEFT関数(郵便番号を取り出す)

この5つの関数について勉強しました。
その中でも結構手こずったAVERAGE関数のやり方を書きたいと思います。
ちなみに、AVERAGE関数とは、売上やテストの平均値を求める時に使用する関数の事です。
○今回は個人のテストの平均値を求めるやり方の紹介〈複数バージョン〉

  1. 数式を入力するセルを選択する
  2. AVERAGE関数の[関数の引数]の設定画面を開く[関数ライブラリ]→[その他の関数]→[統計]の中に含まれている
  3.  AVERAGE関数には2つの引数がある
    引数の意味は、
    数値1:平均を求めたいデータが含まれているセル範囲を指定する
    数値2:平均を求めたいデータが含まれているセル範囲を指定する(省略可)
  4. [数値1]ボックスで、平均したいデータが含まれているセル範囲を指定する(すでに指定されている場合はそのまま)
    指定されてない場合は、ドラッグで指定したい範囲を設定する
  5. [数値2]ボックスの指定はここでは省略
  6. 設定の確定をする(OKボタンをクリック)
  7. [関数の引数]の設定画面が閉じられ、テストの平均値が表示されました。
  8. 数式バーには最初に選択したセルに入力した数式が表示されている
  9.  最初に選択したセルに入力された数式を下にコピーする
    [フィルハンドル]にマウスポインタを合わせて平均を出したいところまで選択する。
  10. 数式がコピーされて表の完成\(^o^)/

見てみると意外と単純作業に見えるのですが、私は何回も同じところで引っかかりました。
私が間違えた所は、ここでいうとNo.4のセル範囲を指定する所で、正確には横に範囲の選択をしなければならないのに、縦に範囲を選択してしまって最後に表を完成させると点数の合計が全く違うのに順位が二人共4位になってしまったので気をつけてやらなきゃいけない点だなという事をすごく思いました。
この調子で次々とEXCELについて覚えていけたらいいなと思います。

『マインドマップ記憶術』

Posted 9月 9th, 2011 by arisakitty

今回紹介する本は、記憶術についてです。

この本を読むきっかけは上司が買ってきたという理由と以前事務所でマインドマップをミーティングで使っていて興味があったという理由で読もうと思いました。

この本のタイトルは題名通りでマインドマップについての事と少し脳の仕組みについて書かれています。
著者はトニー・ブザンさん(監訳:近田美季子)という 方で株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンという所から出版してます。
目次は大きく分けると、

  1. 脳は無限の可能性を秘めている
  2. 記憶の原則を学習に活かす
  3. 記憶の中心原則
  4. 記憶のツールとしてマインドマップを使う
  5. キーワードとキーイメージで記憶を解きはなつ
  6. 3つの強力な記憶法

となっています。

この本を読んでの感想は、今まで勘違いをしていた私にとってはすごくありがたい本だなと思いました。
脳はとっても優秀な記憶能力を備えていたという事実がこの本を読んだら知れてビックリするはずです。
本の中には様々な博士や教授、研究者の研究結果を元にした根拠がいくつか示されているので、出だしだけ紹介したいと思います。

  • 脳は一生記憶し続けてもパンクしない
    カリフォルニア大学 ローゼンワイク博士
    毎秒の新しい情報を一生のあいだ脳に与え続けても、それは脳の・・・・
  • 年をとっても脳細胞は減らない
    カリフォルニア大学 マリオン・ダイアモンド博士
    活発に働く正常で健康な脳においては、加齢による脳細胞の損失は・・・・
  • 脳の中に隠された過去の完全な記憶
    カナダの研究者 ペンフィールド
    脳細胞を小さな電極で刺激すると、突然何十年も前の過去の経験を・・・・

本当は全部書きたいのですが、著作権の問題などが怖いので書きません。
文頭にも少しだけ書きましたが事務所内でも以前マインドマップを取り入れていたのですが最近全くやらなくなってしまったので、この本を読んでいて本当にもったいないなと思いました。
マインドマップは私たちが時々何かを思い出そうとしても思い出せない時の手助けにも活用できるそうです。
記憶力の悪い私は是非事務所でまたやり始めて欲しいと思っているので、いつか3分スピーチで紹介できたらなと思います。

この本は、すべての人に読んでほしいです。脳について勘違いしている人はきっともっとたくさんいるはずなので、そういう方々に是非見てもらいたいです。
また、学生の皆さんや教師等何かと覚える必要がある仕事に携わっている方にも是非オススメしたいです。

今回、私が紹介するのは『簡単だけど、だれも教えてくれない77のテクニック 文章力の基本』についての本です。

私がこれを読もうと思ったのは、先輩が三分スピーチでこの本をオススメされたのがきっかけです。
私は元々何か文章を書くときはいつも直されたりしてしまう位正しい日本語を使えていないのですが、読んで勉強になればいいな位にしか考えずに読み始めました。
そんな気持ちで読んでみた私でしたが、なるほどと思う所がたくさんあり、同じページを何度も読み返したりもしました。

この本は題名はタイトルの通りで、内容は普段使っている言葉で間違っている所を修正したのを掲載したりしている教科書みたいな存在の本です。
著者は阿部紘久(あべ ひろひさ)さんという方で、日本実業出版社から出版している本です。
目次は、

  • 第1章 短く書く
  • 第2章 自然な正しい表現で書く
  • 第3章 言いたいことを明確にする
  • 第4章 分りやすく書く
  • 第5章 簡潔に書く
  • 第6章 共感を呼ぶように書く
  • 第7章 表記とレイアウトにも心を配る

となっています。

私がこの本を読んで思ったことは、わかりやすくて読み終わったら即実践できる本だなと思いました。
実際に文章の例が多いので、それを応用できればどんな時でもどんな質問されてもきれいな日本語で返事を返せるようになると思いました。
この本の中には本当にたくさん参考になることが書いてあるので一番最初の内容を少しだけ書きだしたいと思います。

【短く言い切る勇気を持つ】
●原文→最近、あるコンビニは、店舗内で焼き上げたパンの販売を始め、自然志向、健康志向の製品を中心とした品ぞろえは、従来のコンビニとは一線を画したものであり、20代、30代の女性をターゲットに新機軸を打ち出している

○改善→最近、あるコンビニは、店舗内で焼き上げたパンの販売を始めた。自然志向・健康志向の製品を中心とした品ぞろえは、従来のコンビ二とは一線を画している。20代、30代の女性をターゲットに、新機軸を打ち出している

この2つの文章の違い分かりますか?

ちなみに私はこの2つの文章を初めて見たときに見た目が変わったのはわかったのですが、 それ以外についてはよくわからなかったです。
この文章の前にかっこの中に書いてる【短く言い切る勇気を持つ】 と書いています。それが答えです。
原文の方は文章の本当の最後にしか句点(。)がついていないので、長々としているように感じられてしまいます。
それに対して、改善の方は句点(。)を何箇所かに分けて使っているので、明快な文章になっています。
私はこのページを全部読み終わってからようやく気付くことができて、感動しました。
たったこれだけで変わるのなら、今すぐ直せるじゃん!!と思うことが出来たのでその後も新しい発見をいくつもしつつ楽しく読むことができました。

この本は、どんな人が読んでも勉強になると思いますが、就職活動するときに履歴書に書くときや作文や感想文を書くとき、目上の方等と話をする機会がたくさんある人には特に読んでほしいなと思います。自分の文章力に地自信があまりない人にもオススメです。

 

9月1日 業務内容

Posted 9月 1st, 2011 by arisakitty

□IT EXPOの事前登録作業
代表と先輩と私の3人分の事前登録をしました。自分の分だけではなくて、他の人の分も登録するのは責任のあることだと思うので慎重に作業しました。

□プレゼン準備(個人)
企画のプレゼンで 私が担当になっている宣伝方法についての部分を話す内容や、質問された時に困らないように調べたり確認する作業をしました。
私が調べた内容を書きたいと思います。

  • SEO対策とは?
    →GoogleやYahoo!等の検索エンジン(※1)の結果の上位に自分のウェブサイト・ページが掲載されるように工夫をすること
    (※1)意味:インターネットで公開されている情報をキーワード等を使って検索できるwebサイトの事
    ▽どうしたら対策できるか?
    ・正しいHTMLを書く
    ・更新を頻繁にする
  • twitter&facebookをどうやって宣伝に使うか?
    →twitterの方はアカウントを作って140文字と限られた文章の中で翻訳をした短文を載せたりして宣伝出来たらいいと考えました。
    あとはメンバーの皆もアカウントを持っているのでそこでも宣伝出来たらいいなぁと考えています。
  • →facebookの方もアカウントを作って 、こちらの方は文字数の制限がなかったと思うので何かちょっとしたニュース等を翻訳して載せたら宣伝になるのではないかなと考えました。

□企画のプレゼン(本番)
まず感想としては、緊張しましたという一言に尽きる感じがします。でも自分の役割の箇所を無事にプレゼン出来たと思うので良かったです。

プレゼンの内容の目次としては、

  1. ターゲット
  2. 料金体制
  3. サービス内容
  4. 仕事の流れ
  5. サイトマップ・デザイン
  6. 宣伝方法

という順序で紹介していきました。

一通り皆で説明し終わってから上司や先輩から質問やアドバイスが出たので、書いていきます。

  • 順序立てをもう少し考えた方が良かった
  • デザインはもう少し考えてこれから手直ししていく
  • SEO対策についてもう少し深く考えた方がいい
  • 観光客等の通訳についてどうやってアポを取るのか?→答:電話で事務所のお客様や旅館等に営業を考えている

プレゼンはひとまず終わったのですが、これからまだまだ手直ししていく所や準備することがどんどん出てくると思うので気を抜かないで皆で協力しながら集中して作業を進めて無事にホームページ公開までいけたらいいなと思います。

□明日のブレインストーミングについてレビュー作成
2つのサイトを比べて良い所と改善した方が良さそうな所を書きだす作業を少しだけやりました。
それぞれのページで活かせる所があると思うのでそれを文章に書きだす作業を特に丁寧に考えるようにしました。
途中で集中が続かなくて、何度か休憩してしまったので反省するべき点だなと思いました。

8月31日 業務内容

Posted 8月 31st, 2011 by arisakitty

□企画内容(プレゼン練習)
今日は明日の午後にあるプレゼンに向けて練習をしました。
練習というより調整という言葉の方が合っているのかもしれないのですが、今日やった内容を書こうと思います。

  • それぞれが担当する役割の確認
  • デュアルディスプレイが正常に動くかのテスト
  • 説明する内容を考える作業&メモに書き込む作業

ちなみにデュアルディスプレイというのは、2台以上のディスプレイを1台のパソコンで使うことです。
デュアルディスプレイの設定をしている時にパソコンの画面にスライドショーが、サブディスプレイには操作画面が映し出されてしまってそこから画面設定を  変えたりして直すのが一番大変でした。
明日のプレゼンでは画面がうまく映るのを願いつつ、皆で考えたスライドで説明がきちんと出来たらいいなと思います。

□お客様のサイトで入力作業
ホームページに更新する内容を入力する作業をしました。
この前も入力作業を手伝わせてもらったのですが、いくつかミスがあったので今回は更に気をつけながら作業をしました。
見直しも前より丁寧にしたと思うので、今回はミスが前よりも無くなればいいなと思います。

□スマートフォンユーザーをサイトへ誘導するためのブレインストーミング
お客さまからの要望でスマートフォンユーザーをサイトに誘導するためにはどうすれば良いかを事務所内で考えました。
私の意見は、iphone同士は近付けるだけで互いの情報を得ることができるというのを聞いたことがあったので、 それを活用して店舗にiphoneを置いておい てそこに来店してくれたお客様にかざしてもらって情報を得てもらうというものです。しかしスマートフォンユーザーということだったので、アンドロイドなどでは出来ないかもしれないという意見が先輩から出たりしたのでもう少し考えるべきだったなぁと思いました。
自分の中では結構良く考えられた方だと思いますが、次にこういう機会があった時には今回よりもっと深くまで考えて意見を出せるようになりたいと思いました。

8月26日 業務内容

Posted 8月 26th, 2011 by arisakitty

□アクセス解析の勉強
明日青森市でアクセス解析のセミナーがあり、まったくわからないままで行くとさらに分らなくなるといけないという先輩からの提案で、勉強しました。
勉強といっても私一人でした訳ではなく先輩がスライドを作ってくれたので 、スライドで教えてもらいました。無料のアクセス解析ソフト「Google Analytics」を使って実際に触ってみてこういうものなんだなと少しだけですが、理解することができました。

私がGoogleAnalyticsの中で少しだけ覚えた内容・用語を書こうと思います。

  • アクセス数を時間別・日別・週別・月別 で確認することができる
  •  直帰率・・・サイトを訪れたユーザーが、サイト内の他のページに移動せず、最初のページで閲覧をやめてしまった確率の事
  • 新規セッション率・・・サイトに初めて訪問したユニークユーザー数
  • 閲覧開始ページ・・・ユーザーが最初に閲覧したページ
  • 離脱ページ・・・サイトを訪れたユーザーが最後に閲覧したページ

まだ全然知識がないですが、明日までに少しでも多く覚えられたらいいなと思います。

□読書レビュー作成
今週書いたレビューは「仕事にすぐ効く!PowerPointプレゼンの極意」という先輩から貸してもらった本のレビューです。
PowerPointの使い方もちろん、色についてのお話やプレゼンの時に緊張してしまった時の対応の仕方などが画像が多めで書かれていたので飽きずに読むことができました。
一個人の内容なので、読書レビューも良かったら読んでもらって参考にしてもらえたらいいなと思います。

今日私が紹介する本は、私がPowerPointの勉強に使っている本です。

私がこの本を読もうと思ったのは、三分スピーチで今週火曜日の私の番に発表したPowerPointを使ったtwitterの説明をきっかけに、引き続き勉強をしてみたいと思ったのと、これからプレゼンすることが増えてくるのではないかと考えて見やすいスライドを作れるようにと思ってこの本を読みました。

この本はタイトルに書いてあるますが、『仕事にすぐ効く! PowerPointプレゼンの極意』という本で枚田香さんという方が、アスキー・メディアワークスという所から出している本です。
目次は、

  1. PowerPointの基本操作を習得
  2. これだけは知っておきたいプレゼンの基礎
  3. プレゼン効果を上げる「箇条書き」を極める
  4. 正確に伝わる「図解」作成を極める
  5. ひとをひきつける色とデザインにこだわる
  6. プレゼン内容に合ったデザイン作成術
  7. プレゼンの本番「スライドショー」を極める
  8. 配布資料をきれいに印刷するコツ
  9. もっと図解! 飾り文字やイラストを使いこなす
となっています。

 

この本を読んでの感想は、一言で言うとわかりやすかったです。
文章が少なめで画像を多用しているので見やすくて、私はあまり詳しくないのですが飽きずに読み切れたのが良かったです。
ひと押しチェックポイントという付け足しが所々にあるのですが、結構役立つことなどが書かれていて感心しました。
私がこの本を読んで是非参考にしようと思ったページは、第5章人をひきつける色とデザインにこだわるの中の効果的な背景色を考えるというページです。

画像は載せれないのですが、掲載されている例を少しだけ書きたいと思います。

  • 見やすい配色:赤地に白・黄色地に青
  • 見づらい配色:赤地にピンク・青地に水色
  • 目立つけど疲れる色:黄色と青紫・紫と黄緑

まったく違う色を使っても見づらい色は見づらいんだという事が特に勉強になりました。私はついついたくさんの色を使ってしまって、まとまりのない仕上がりになってしまうので、これを参考に色々改善していきたいなと思いました。

この本は見てもらう人の事を重視して書いているので作る側の人に一番読んで欲しいです!
あとは私と同じく色の使い方がよくわからない方や、プレゼンの時にどうしても緊張してしまう方に是非読んでいただきたいです。