この本は、事務所の中で毎日やっている3分スピーチの中で
先輩が紹介していた本です。
この本を読んだきっかけは、私は将来お店をやりたいという夢を
実現させるために知っておいてもいいことなのかなと思ったからです。
読み始めたきっかけは少し変かもしれませんが、
すごく読みやすくて勉強になりました。

この本のタイトルは題名に書いている通りで、著者は「泉 正人」さんという方で、
出版社は「サンクチュアリ出版 」というところです。
学べることはもちろん、お金の事です!
お金に関する本とかだと、大抵長々と文章がズラーっと書いているだけのような
気がしますが、この本は違いました。
文章ももちろんありますが、イラストや登場人物がいて会話文での説明に
なっているのですごく読み易かったです。

目次は、

  1. 第1章 元手をフル活用してお金をなくさずに商売できるか?
    売り上げとコストと資金繰りがスッキリ分かる授業
  2. 第2章  手に職つければ不況に負けずに生きられるか?
    値段決めと広告戦略がスッキリ分かる授業
  3. 第3章 趣味を活かしたお店経営 田舎でのんびり企業は可能か?
    マーケティングと在庫管理がスッキリ分かる授業
  4. 第4章 手持ち資産を使ってネットカフェ経営 ラクして稼げるか?
    借り入れとバランスシートがスッキリ分かる授業
  5. 第5章 中古マンションを買って稼ぐ仕組みを作れるか?
    稼ぐ仕組みの作り方がスッキリ分かる授業

となっています。

この本は、私にとってすごく勉強になりました。
将来お店をやりたいと言っている割にお金の事なんてまったくと言っていいほど無関心ですし、
勉強も今までめんどくさいという状態でしたので、この本を漫画のような感覚で読んで完璧に
わかった訳ではないですが、すごく理解は出来たかなと思います。

私が飽きずに読みきれたのは、漫画のようなストーリー仕立てになっていたことだと思います。
さらにイラストも豊富で手書きのような文字も出てきていたことがすごく印象的でした。

私が一番わかり易かったのは、4人の生徒に「500万円あったら何をするか?」を考えさせて
それをそれぞれ内容をみんなで考えて行って最終的にはどうなることがいいのか?を
考えていくところです。
1から考える所から始まるので、自分でも考えながら出来るしので自分のペースでゆっくり出来る
事も魅力的だなと思いました。

この本は、これから起業したい人や就職を間近に控えている人に読んでもらいたいです。
きっと役に立つこと間違いなしです!!

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>