この本は、事務所の中で毎日やっている3分スピーチの中で
先輩が紹介していた本です。
この本を読んだきっかけは、私は将来お店をやりたいという夢を
実現させるために知っておいてもいいことなのかなと思ったからです。
読み始めたきっかけは少し変かもしれませんが、
すごく読みやすくて勉強になりました。

この本のタイトルは題名に書いている通りで、著者は「泉 正人」さんという方で、
出版社は「サンクチュアリ出版 」というところです。
学べることはもちろん、お金の事です!
お金に関する本とかだと、大抵長々と文章がズラーっと書いているだけのような
気がしますが、この本は違いました。
文章ももちろんありますが、イラストや登場人物がいて会話文での説明に
なっているのですごく読み易かったです。

目次は、

  1. 第1章 元手をフル活用してお金をなくさずに商売できるか?
    売り上げとコストと資金繰りがスッキリ分かる授業
  2. 第2章  手に職つければ不況に負けずに生きられるか?
    値段決めと広告戦略がスッキリ分かる授業
  3. 第3章 趣味を活かしたお店経営 田舎でのんびり企業は可能か?
    マーケティングと在庫管理がスッキリ分かる授業
  4. 第4章 手持ち資産を使ってネットカフェ経営 ラクして稼げるか?
    借り入れとバランスシートがスッキリ分かる授業
  5. 第5章 中古マンションを買って稼ぐ仕組みを作れるか?
    稼ぐ仕組みの作り方がスッキリ分かる授業

となっています。

この本は、私にとってすごく勉強になりました。
将来お店をやりたいと言っている割にお金の事なんてまったくと言っていいほど無関心ですし、
勉強も今までめんどくさいという状態でしたので、この本を漫画のような感覚で読んで完璧に
わかった訳ではないですが、すごく理解は出来たかなと思います。

私が飽きずに読みきれたのは、漫画のようなストーリー仕立てになっていたことだと思います。
さらにイラストも豊富で手書きのような文字も出てきていたことがすごく印象的でした。

私が一番わかり易かったのは、4人の生徒に「500万円あったら何をするか?」を考えさせて
それをそれぞれ内容をみんなで考えて行って最終的にはどうなることがいいのか?を
考えていくところです。
1から考える所から始まるので、自分でも考えながら出来るしので自分のペースでゆっくり出来る
事も魅力的だなと思いました。

この本は、これから起業したい人や就職を間近に控えている人に読んでもらいたいです。
きっと役に立つこと間違いなしです!!

僕は君たちに武器を配りたい

Posted 1月 6th, 2012 by arisakitty

今回は「僕は君たちに武器を配りたい」という本について書きたいと思います。

この本は上司が紹介してくれた本で、なんで読んでみようと思ったかというと、まず本のタイトルでどんな内容なんだろうと惹かれたというのが理由の1つで、
もう一つの理由は人と同じ事をしていてはいけないというような内容が書かれている本だったので、だったらどうしたらいいのか?というのを
知りたかったので読み始めました。

この本は、タイトルは題名にある通りで、著者は瀧本哲史さんという方で、講談社という所で出版しています。
この本で学べることはたくさんあるのですが、 その中でも「コモディティになるな」「スペシャリティになれ」という事を私はこの本の中で
強く学んだ気がします。

私がこの本を読んで感じたことは、上にも書きましたが「自分はスペシャリティになること」がこれから大事になってくるのかなと思いました。
この本の割と最初の 方に書いていた文章が私には印象的でした。

スペシャリティとは、専門性、特殊性、特色などを意味する英単語だが、要するに
「ほかの人には代えられない、唯一の人物(とその仕事)」「ほかの物では代替することができない、唯一の物」のことである。

この文章にある、「ほかの人には代えられない、唯一の人物」にはいきなりなれる人は少ないと思うけど、
そうなるために今から、準備できる事は色々あると思うし、なれなかったらこれからの時代生きていくことすら大変になってくるのかなと思ったので、
まずは自分の出来ることから何か始めてみようと思いました。

この本は、本の表紙&冒頭に書いている通り、社会人になったばかりの人や、社会人になったばかりの人に特に読んで欲しいなと思いました。
私自身まだ社会人になって一年経っていないので、この本に書いてあった内容を参考にこれから生活していきたいです!

仕事にすぐ効く! Google便利ワザ・瞬ワザ

Posted 12月 26th, 2011 by arisakitty

今回の本は、Googleの使い方&活用術ついて書かれている「仕事にすぐ効く! Google便利ワザ・瞬ワザ」という本です。

私は仕事でGmailを使っているのですが、あまり使いこなせていないらしく勉強のためにと上司が私に貸してくれて
読み始めたのがキッカケです。

この本のタイトルは、題名に書いてあるとおりで、著者は「アスキードットPC編集部」さんで、「株式会社アスキー・メディアワークス」という所が
出版しています。
どんなことが勉強できるかというと、本のタイトルにGoogleと書かれているだけあって、Googleについて色々学ぶことができます。
5つの章で構成されていてそれぞれ、

第1章 入手する情報の「質」を高める検索ワザ
第2章 自分情報を集中管理するメール活用法
第3章 失念を防ぎ、共有もできる予定表を作る
第4章 位置情報が役立つ「地図」の便利ワザ
第5章 多彩な機能を追加してグーグルを強化する

となっています。

この本を読んで感じたことは、ここまで活用できたら今よりすごく便利になるんだろうなと思いました。
私はGmailは使っていますが、ただ受信送信出来たらいいかなと思っていたので色々知ることができてとても勉強になりました。
私が便利だなと思い、また知らなかった機能があったので紹介したいと思います。

第2章 自分情報を集中管理するメール活用法
署名/返信定型文
定型文書でメール作成のストレス軽減から↓

・使用頻度が高い文言を定型化しておく方法

  1. 受信トレイの[設定]をクリックし、[Labs]を選択。画面をスクロールさせ下に行くと[返信定型文]があるので、[有効にする]ボタンをクリック。
    画面の上下部どちらかにある、[変更を保存]をクリック。
  2. 返信画面を開き、定型文に使用する原文を選択。追加された[返信定型文]をクリックすると、返信定型文が保存される。
  3. 返信定型文に名前を付ける画面がポップアップ表示されるので、名前を入力し[OK]をクリック。
    これで返信定型文が保存された。
  4. 保存した返信定型文を使用するには、[返信定型文]をクリックし、[挿入]の欄に表示された[図4]で入力した名前を選択する。
    また新しい返信定型文の作成や削除の操作も行える。

これが私が便利だと感じて、すぐにでも出来る方法だと思って実践しようとしている方法です。
自分で使ってみたら、感想とかを載せれたらいいなと思います。
この本は、パソコンでメール(Gmail)を使っている方に読んで欲しいです。
知らない人はもちろん勉強になるし、すべて知っている人ならもう一度見て自分なりに新しい使い方を見いだせるかもしれません。
この本の方法で皆さんのお仕事の効率等が上がりますように。

12月22日 業務内容

Posted 12月 22nd, 2011 by arisakitty

□ネットスーパー感想送信
昨日のネットスーパーで今年の分は最後だったので、反省点等を書きだして共有しました。
今年のネットスーパー講習会は、集客の問題で悩まされたかなとは思います。
ですが、講習会に来てくれた方で積極的に聞いてくださったり、基本操作の説明をしている時にもうんうんと頷いていらっしゃったりする方がいたので、
需要はあるし、講習会を開いてよかったなと思います。
反省点は、私はサポート側に徹してきたのですが、機械の値段等を聞かれたりしても分からなくて答えられなかったりした所と、タブレット等になにかトラブルが生じた時にうまく対処出来なかった所です。
機械の値段等は、まだちゃんと言えるわけではないですが、ネットスーパーに参加された方にお渡ししている資料を見るなどして勉強するようにしています。
トラブル対処については、まだあたふたしてしまうので来年の課題となってしまいましたが、落ち着いて対処できるように自分なりになにか努力していきたいです。
良かったと思う所は、参加者の皆さんとお話してコミュニケーションをとれたことだと思います。
基本操作の時に検索をすることや、カメラを使って撮ってみる作業、ネットスーパーでデモの買い物をしてみるという時に積極的に触らない方もいらっしゃるのでお話しながら、好きなものありますか?や、講師の先生を撮ってみましょうや、冗談っぽくお鍋が食べたいなぁというとじゃあやってみるかなという感じで、積極的にやってくれたりしたので、これは自分の中では良かった所だと思います。
反省するべき点は反省して、いい所はこれからも続けていけるように努力していきたいです!

□ネットスーパーアンケート集計
昨日のネットスーパーのアンケートを集計しました。
アンケートを集計していて時間が短いという風に書かれている方がいたのですが、講習会自体の時間を伸ばすことは少し難しいので、
講習会事態が終わってから聞いてもらえたらいいのかなと思いました。
あとは今年やってきた中で思ったことが、年代によって理解度が違うのでサポートも本物の講師のように教えられるようにならないと、
それぞれの年代の方にキチンと満足のいく講習をできないのではないか?と思ったので、勉強して教えられるようになりたいです。

□ヨクコンアプリ更新
今日もヨクコンのアプリ更新をしました。
最近よくアプリの更新をしていたのですが、この前事務所でiPad講習会をした時に紹介したアプリをヨクコンのサイトで紹介したらどうか?と提案してもらったので更新をしています。
今回紹介したアプリは「iDisplay」というiPadをサブディスプレイにできるアプリです。
残念ながら無料では無いのですが、パソコンを使ってお仕事している方には重宝するアプリではないか、と思います。
ヨクコンのサイトの方でアプリを詳しく紹介しているので、良かったら見てみてください。

ヨクスルコンシェル iDisplay紹介
http://yokucon.com/apli1/idisplay/?preview=true&preview_id=1134&preview_nonce=f367a83070

親が死ぬまでにしたい55のこと

Posted 12月 12th, 2011 by arisakitty

今回私が紹介する本は「親が死ぬまでにしたい55のこと」という本です。

なんでこの本を読んでみようと思ったかといいますと、いつも親が怒ったり身の回りの世話をしてくれたり等当たり前の事が当たり前ではなくなる事を私は普段から意識して生きていません。ですが親も人間なので当然いつか必ず死にます。その事をある日突然意識するようになりました。親がいなくなったらどうしよう…とならないようにいまできることをしていきたいなと思い読み始めました。

この本はタイトルに書いてある、「親が死ぬまでにしたい55のこと」で、著者は親孝行実行委員会という所で、発行所は株式会社泰文堂です。
本の内容は、様々な年代の方の親孝行エピソードが綴られていて、感動できるものはもちろん、微笑ましい話、なるほどと目からウロコが落ちる話等あります。
そのすべてのエピソードのひとつひとつに、親子の絆を築き直すヒントが隠されていると親孝行委員会の方はおっしゃっています。

この本を読んでの感想は、親をもっと大切にしなきゃいけないなと思いました。
55ものエピソードの中で、自分の中ですごく記憶に残っているエピソードの中の1文を紹介したいと思います。

エピソード39 自分の稼いだお金でごちそうするから

俺の給料なんて、父親に比べたらまだ微々たるものだけど、これまで苦労かけたことへの自分なりのけじめをつけたかった。

この1文は私も今年就職して給料をもらって家族を食事に連れていったので色々と重なる部分があります。
このエピソードには両親が言ったことも書かれていますが、私自身が家族を連れていった時の事は緊張して覚えていません。
けじめをつけようとまで考えてはいませんでしたが、初めての給料では家族のためにいくらか使おうと考えていたので実行できて良かったなと思いました。
でも私の親は特に何も言ってなかったような気がしますが、いま思うとどんな気持ちでいたのだろうかと思います。
他にもこの本にはたくさんのエピソードが載っていて、自分と重なるエピソードを読むたびにウルウルきてしまいます。

この本はすべての人に読んでもらいたいです。
親が生きていてもいなくても、親の年齢、自分の年齢がいくつになっても親孝行するのには関係ないと思います。
親孝行するのは、生きている内にできる方がいいとは思いますが、なくなってからでもできることもきっとこの本を読んだら思いつくはずです。
私はこの本を読んで、少しでも親に感謝できた人が増えたらいいなと思いました。

また、やっちまった!

Posted 12月 6th, 2011 by arisakitty

今回は「また、やっちまった!」という本のレビューについて書きたいと思います。

この本を知ったキッカケは私の上司がこの本についてレビューを書いていたのを聞き紹介されたことと、本の内容に興味を持った事です。

タイトルは題名にある通り、「また、やっちまった!」で、野浪まことさんという方が株式会社ジュリアンという所から出版されている本です。
どういう本かと言うと、男の視点から、女性とはどういうものなのか?や男と女の価値観の違い等、男女の違いについて書かれています。
男女の違いといっても、そんなに難しく書いていない本なのでサクサク読み進めることができます。
この本はそれぞれ、

第一章 結婚したい女=「都合のいい女」!?
第二章 モテたい女は惚れっぽくなれ
第三章 それでもまだ浮気する気なんだ…とあきらめる前に
第四章 都合のいい女はこうして作られる
第五章 彼からのメールが減っても怖れるな
第六章  セックスについての再度ストーリー

6つの章から構成されています。

この本を読んでの思ったことは、すごく勉強になるなぁと思いました。
私自身は女性なのですが、男心なんてわかってるつもりでも実際は全然わかんないという所が本音だったりするので、
この本はわかんない所を教えてくれる貴重なものだと思います。
私がこの本を読んでいてわかるなぁと思えたのは、

男が女にお伺いを立てて「なんでもいい」と言われた挙句、ほんとになんでもよくしたら撃沈した…

(第五章 彼からのメールが減っても怖れるな どこでもいいと言わないで!から引用)

これについて、私はすごく共感できました。
実際に経験したことがあります。
心のなかで本当は期待してるからいってしまうのかはわからないですが、
つい言ってしまって、がっくりしてしまう経験何回もあります。
それについて、この本の筆者の野浪さんはまとめで、

同年代における男女の恋愛演出力は、30代までは間違いなく女性のほうが上なので、男はノーアイデアで当たり前。
ここは彼を育てるつもりで、女のほうから提案して欲しいと切に願うのだ。

(第五章 彼からのメールが減っても怖れるな どこでもいいと言わないで!から引用)

と書いていました。
この文を読んでなるほどと思いつつ、でも自分から言うのもなぁなんて考えたりしましたが、
自分で言うようにしたらがっくりしなくてよくなるので言ってみようと思います。

この本は、男女全ての方にオススメだと思います。
その中でも特に女性の方(彼氏アリナシ関係なく)に読んでもらいたいです。
男性にも女性はこんなふうに思ってたりするのかと、思ってもらうために読んでもいいのではないかなと思います。

11月17日 業務内容

Posted 11月 17th, 2011 by arisakitty

□ネットスーパーアンケート集計&資料印刷
一昨日と昨日に行ったネットスーパー講習会のアンケートの集計結果をまとめました。
ネットスーパーは今月の始めから毎週水曜日今までで計3回やりました。
私はネットスーパーの講師ではなく講習を受けに来てくださった方のサポートについているのですが、 回を重ねるごとにだんだん緊張することもなくなってきて話しかけていけるようになったので良かったです。
ちなみに、アンケートでは講習会についての事を色々聴いているのですが、参考になることも書いているので、それを参考にして今後のネットスーパーに繋げていけるように頑張りたいです!
あとは、次回等の講習会のために資料印刷をしました。
だんだん生協の方だけではなく、一般のお客さんの方の講習を受ける人数が増えてきて質問も多くなってきたのでキチンと答えられるようにしたいです。

□広報誌の確認
今月の頭くらいから、原稿書きなどで取り組んでいた広報誌の確認依頼がきていたので、上司と一緒に間違いや不備が無いか確認しました。
その中で、ICTという字が見えないという事と、住所が途中で終わっていたので付け加えるという作業を広報担当の方にお願いしました。
そこから修正完了というのと再度確認をお願いしますという趣旨の内容のメールがきたので、また上司と確認しました。
それで確認して、良かったので印刷お願いしますという趣旨の内容のメールを送りました。
発行日は12月1日(木)なので、広報誌を見た方が、講習会に興味を持ってご参加してくれたらいいなと思います。

□ヨクコンのアプリ紹介更新
久々にiPadのアプリ紹介の更新をしました。
今日紹介したアプリは、

助数詞辞典HD

というアプリです。
どういうアプリか簡単に説明すると、モノの数え方を知ることが出来るアプリです。
例えば、神社は一座?エビは一尾?イスは一脚?などあやふやなモノの数え方を知ることが出来るアプリです。
このアプリは無料で、助数詞262個を紹介しているので日常で見る・使うものの数え方ならほとんど載っています。
このアプリの詳しい紹介文等はヨクスルコンシェルのサイトに移動して御覧ください。

ヨクスルコンシェル 助数詞辞典HD
http://yokucon.com/?p=781

 

 

11月8日 業務内容

Posted 11月 8th, 2011 by arisakitty

□ヨクスルコンシェルのアプリ紹介
今日は「そら案内」というiPadのアプリの紹介文を書きました。
このアプリは日本全国の天気予報を確認することが出来ます。
地域設定も出来るので、自分の住んでいる地域を設定しておくといつでも見ることができます!
ちなみにヨクスルコンシェルとは、iPadのアプリやアンドロイドのアプリを紹介したり、講習会の実績等を書いているサイトの事です。
ヨクスルコンシェルのサイト→http://yokucon.com/

□タブレット確認・設定
明日のネットスーパーの講習会に備えて、タブレットの確認等を行いました。
タブレットの確認では、電池残量が少ないものがないか確認、なかったら充電をしました。
設定では、先週の講習会で使っていた「7notes with mazac体験版」という手書きアプリがあるのですが、その体験版の期間が過ぎてしまって使えなくなっていたので、代用として「手書きIME Teger Free」という手書きアプリを入れました。
はっきり言うとmazacの方が精度が高く漢字変換もしてくれて使い勝手が良いです。
でも、「手書きIME Teger Free」というアプリも手書きでそれなりに使えるので、こちらでも十分検索等に使うだけならある程度は大丈夫なのかなと思います。
ちなみに「手書きIME Teger Free」は無料のアンドロイドアプリです。

□講習会開催場所検索(藤崎・板柳方面)
昨日検索した福祉施設などの詳細を少しでも知れたらなと思い、1つずつ検索しました。
結果はほとんどがサイトを持っておらず、地図と電話番号が掲載されているような感じでイマイチ成果が得られませんでした。
その中で何箇所かはサイトを持っている所があったので、そういう所に関しては情報をいくつか引き出す事が出来たので、検索してみて良かったなと思いました。
サイトはやっぱりあったほうが、情報を知ることが出来るし、なんとなくの雰囲気も掴めると思うのでないよりはあったほうがいいなぁと改めて感じました。
今回の検索で分からなかった所には、直接自分で行ってみることにしました。

11月1日 業務内容

Posted 11月 1st, 2011 by arisakitty

□社協さん訪問(板柳・藤崎)
今日は板柳町と藤崎町の社協さんに行って来ました。
社協さんに行った目的は、iPad講習会の開催場所を紹介してもらうという事で行きました。
また、セミナーのポスターを貼ってもらいに町役場にも行くことになったので、町役場の広報誌にも載せてもらおうという事で行って来ました。
行ってみた感想は、回数を重ねていくごとに少しずつだけどちゃんと言えるようになってきたなというのが一番の感想です。
最初に行った板柳の社協さんでは、うまく喋ることができなくてすごく悔しい思いをしました。
でも私と一緒に来てくれていた上司が、車の中で練習をさせてくれたので2回目、3回目と回数を重ねていくごとに本当に少しづつではありますが成長して前よりはうまく言えるような事が多くなってきたので良かったなと思いました。
午後は弘前方面に向かった同僚と合流して、2人で回ったり上司と3人で回ったりしました。
同僚と2人で社協さんに行ったときは、私はほとんど喋れず同僚が説明してくれたりしたので、私も早く自分一人で言えるようになりたいなと思いました。
上司と同僚と3人で行った時は、ある程度自分で言えたけど詳しいことなどは上司に言ってもらったりしてしまったので、これから練習と経験が必要だなと思いました。
今日は仕事のほとんどを外で過ごしたので、忙しい一日だったけどたくさん経験できたし、少しだけど確実に成長できたと思うのでこれからも前向きに頑張りたいです!

『ボールペンでスケッチ』

Posted 10月 11th, 2011 by arisakitty

今回私が紹介する本は、ボールペンでスケッチするための本についてです。

この本を読んでみようと思ったのは、私は絵を書くことが大好きでよくノート等にも書いてしまいます。
でも何気なく書いてみても落書きレベルで終わってしまうので、もう少し上手に書けるようになりたいといつも密かに思っていました。
あとは元々文具等を必要以上に集めるのが大好きだったので集めたペンを使って綺麗に書いてみるのもアリかなとも思い、この本を読んでみようと思いました。

この本のタイトルは題名通りで、著者は「がなはようこ」という方で、飛鳥新社というところから出版しています。
この本は、ボールペンを使ったスケッチのコツや、ペンの種類や太さ等についても細かく書かれているので絵を書くのが苦手な方でも読みながら気軽に書くことができると思います。
目次は大きく分けると、

  1. 形のヒント
  2. 質感と動きの表現
  3. スケッチで遊ぶ
  4. もっといろいろボールペンスケッチ

となっています。

この本を読んでの感想は、すごく面白いです。
本に載っている絵の感じが私はすごく好きで、 実際に書いてみたら本当にいつもの駄作と違って綺麗に書くことが出来たのですごく嬉しかったです。
この本の後半のページには下絵がついていて、薄い紙を重ねて書くことですごく上手に書くことができます。
今日はじめてやったのですが、この本で少し絵をうまく書けるまで勉強しようかなと思います。
この本のシリーズで『ボールペンでイラスト』という本もあって、そちらもすごく興味が有るので是非買って読んでみたいなと思っています。

この本は、絵を書くことが好きな人にはもちろん読んでみてもらいたいのですが、絵が苦手だけど書けるようになりたいという人にもオススメです。
ボールペンと紙があればどこでも書けちゃうのでいいと思います。